loader image

易経・易占を学ぶにあたって

易占いに夢中

易占で、あなたが輝く一番星に!

 寒い日が続いておりますが、お加減いかがですか。冷え込んでくる分、空気が澄んでいて、夜は星がきれいにみえます。そのため、冬は天体観察が楽しめるそうです。
〔スピカ〕。これは輝く一番星のことです。数年前の日本女子大学の学園祭のテーマでしたが、この単語が忘れられません。理科系の女子大生(リケジョというらしいです)の発表など、学生はみな生き生きしていて楽しそうです。中年男の私と女子大とはまったくの無縁ですが、学園祭で行われるマンドリン部のコンサートを聴くのが目的です。弦を弾いて音を出す音色が哀愁を誘い、やわらかさをまとっています。学生たちのまっすぐな視線とあいまって、心が奪われます。

 さて、「スピカ」というテーマは、「何かに熱中しているあなたは、輝く一番星のスピカ」だと言っているのだと受け取りました。サークルや部活動に、打ち込む学生時代。聞けば、最近は、部活に参加していない生徒は学園祭の前後が休みになるために、旅行へいったりする子が多いようです。たった一度の青春をどう過ごすか、つながった縁を、運命にするかは自分次第です。

 『この世は、すべて舞台。女性も男性も皆、役者』と言ったのは、シェークスピアですが、洋の東西を問わず、人生を演じるという考えは多くあります。さあ、令和6年、新しい年の幕開けです。主演でも助演でも輝いてみたいものです。

周易・易経のなかで、星空が登場する場面はどこかと思えば、☳☲雷火豊四爻「其の蔀を豊いにす。日中斗を見る。其の夷主に遇う。吉」が思い浮かびました。しかし、この場面は、昼に北斗七星を見るほど暗いという表現として使われています。年の初めに、暗い卦では縁起がよろしくありませんので、もっと気持ちが明るくなる言葉がいいと、星から少し広げて、星は輝くので、光、光明、輝、の文字を探してみました。
そうしましたら、結構多くありました。
爻辞には、風地観四爻「観国之光」をはじめ、地天泰二爻、風水渙四爻「光大」火水未済五爻「君子の光」などがありました。
他にも、山雷頤や火雷噬嗑、澤山咸、火地晋、澤天夬、澤地萃、震為雷、兌為澤の爻辞では、「光」の文字を「おおい」という意味で使っています。そして、坤為地、風雷益の彖伝は、「光大」、水天需では「光亨」と表しています。
そして、☶☰山天大畜には「輝光」☰☱天澤履☷☶地山謙☶☶艮為山の彖伝には「光明」の文字があり、謙虚や剛健篤実な姿こそが、光輝いてみえるものと易経は表現しているのだと解釈しています。

私にとっては耳が痛いのですが、年頭に当たって今年の目標にしたいと思います。
易経・易占を学んで、こういうことをやりたいと思いはあるのですが、まだまだ勉強が足りません。もどかしさがありつつ、華々しい占い師とは、違うかもしれませんが、易占術を通して、問筮者にそっと寄り添う易者は、輝いてみえます。きらきらと輝く一番星を目指す、そんな気持ちで、今年もお付き合いのほど、どうぞ宜しくお願い申しあげます。(磯部周弦)

日本易学振興協会では、宇澤周峰先生が東京などで易経とともに、本格的な筮竹を使って占う、周易・易占教室を開催しています。主に、三変筮法、六変筮法を中心にした易占法です。詳細はこちらからどうぞ

関連記事

  1. 風雷益三爻
  2. 佐藤一斉と易経
  3. 塙 保己一
  4. 足利学校と易占
  5. エジソン竹の神秘
  6. 日本易学振興協会コラム
PAGE TOP