loader image

易経・易占を学ぶにあたって

易経坤為地

坤為地(こんいち) 周易六十四卦

易経本卦の読み下し文と易占一言解釈です。

彖辞

坤は元いに亨る。牝馬の貞に利ろし。君子往く攸あり。
先んずれば迷い、後れれば主を得。西南朋を得るに利ろし、東北朋を喪うも、貞に安んずれば吉。

彖伝

大いなるかな坤元、万物資りて生ず。乃ち順いて天に承く。坤は厚くして物を載せ、徳は无彊に合す。含弘光大にして、品物ことごとく亨る。牝馬は地の類、地を行くこと疆りなし。柔順貞に利ろしは、君子の行なう攸なり。先んずれば迷いて道を失い、後るれば順いて常を得。西南に朋を得るは、乃ち類と行けばなり。東北に朋を喪うは、乃ち終には慶び有るなり。貞に安んずるの吉は、地の疆りなきに応ずる。

象伝

地勢は坤。君子以て徳を厚くし物を載す。

爻辞

初爻 霜を履みて、堅氷に至る。
二爻 直方大。習わずして利ろしからざるなし。
三爻 章を含む貞にすべし。或いは王事に従うも、成すこと无くして終わり有り。
四爻 嚢を括る。咎なし、誉れなし。
五爻 黄裳元吉。
上爻 龍野に戦う。其の血玄黄。

小象伝

初爻 霜を履みて堅氷に至るは、陰始めて凝るなり。其の道を馴致して、堅氷に至るなり。
二爻 六二の動は、直にして以て方なり。習わずして利ろしからざる无きは、地道光いなればなり。
三爻 章を含む貞にすべしとは、時を以て発するなり。或いは王事に従うは、知光大なり。
四爻 嚢を括る咎なしとは、慎めば害あらざるなり。
五爻 黄裳元吉は、文中に在るなり。
上爻 龍野に戦うとは、其の道窮まればなり。


易占一言判断

  • 坤為地は、従うの意。
  • 何事も従来どおり。
  • 積極は凶。
  • 従えば吉を得る。

日本易学振興協会では、宇澤周峰先生が東京などで易経とともに、本格的な筮竹を使った周易・易占教室を開催しています。主に、三変筮法、六変筮法を中心にした易占法です。詳細はこちらからどうぞ

関連記事

  1. 周易64卦
  2. 易経山天大畜
  3. 易経天雷无妄
  4. 易経澤山咸
  5. 十二消長卦とは
  6. 易占、易経における八卦、兌
PAGE TOP