loader image

易経・易占を学ぶにあたって

易経天澤履

天澤履(てんたくり) 周易六十四卦

易経本卦の読み下し文と易占一言解釈です。

彖辞

虎の尾を履む。人を咥わず。亨る。

彖伝

履は柔・剛を履むなり。説びて乾に応ず。是を以て虎の尾を履むも人を咥わず、亨る。剛にして中正、帝位を履みて疚しからず、光明なり。

象伝

上天下澤は履。君子以て上下を辨じ、民の志を定む。

爻辞

初爻 素履。往きて咎なし。
二爻 道を履む坦坦たり。幽人貞吉。
三爻 眇能く視るとし、跛能く履むとす。虎の尾を履めば、人を咥う、凶。武人大君たらんとす。
四爻 虎の尾を履む。愬愬たれば終に吉。
五爻 履むことを夬む。貞けれども厲うし。
上爻 履むを視て祥を考う。其れ旋れば元吉。

小象伝

初爻 素履の往くは、独り願いを行なうなり。
二爻 幽人貞吉とは、中自ら乱れざるなり。
三爻 眇能く視るも、以て明有るに足らざるなり。跛能く履むも、以て與に行くに足らざるなり。人を咥う凶は、位当らざればなり。武人大君たらんとするは、志剛なるなり。
四爻 愬愬たれば終に吉は、志行なわるるなり。
五爻 履むことを夬む。貞けれども厲うしとは、位正当なればなり。
上爻 元吉上に在り。大いに慶びあるなり。


易占一言判断

  • 天澤履は、踏む時。
  • 順序、礼儀、人の道を踏むようにして行うべし。
  • 危険あり。

日本易学振興協会では、宇澤周峰先生が東京などで易経とともに、本格的な筮竹を使った周易・易占教室を開催しています。主に、三変筮法、六変筮法を中心にした易占法です。詳細はこちらからどうぞ

関連記事

  1. 易占、易経における八卦、
  2. 易経雷水解
  3. 易経坎為水
  4. 易の基本的知識
  5. 易占、易経における八卦、乾
  6. 周易64卦
PAGE TOP