loader image

易経・易占を学ぶにあたって

易経風地観

風地観(ふうちかん) 周易六十四卦

易経本卦の読み下し文と易占一言解釈です。

彖辞

観は盥いて薦めず。孚ありて顒若たり。

彖伝

大観上にあり、順にして巽、中正以て天下に観す。観は盥いて薦めず、孚ありて顒若たりとは、下観て化するなり。天の神道を観るに、四時たがわず。聖人神道を以て教えを設け、而して天下服す。

象伝

風地上を行くは観。先王以て方を省み、民を観て教え設く。

爻辞

初爻 童観。小人は咎なし。君子は吝。
二爻 闚い観る。女の貞に利ろし。
三爻 我が生を観て進退す。
四爻 国の光を観る。用いて王の賓たるに利ろし。
五爻 我が生を観る。君子は咎なし。
上爻 其の生を観る。君子は咎なし。

小象伝

初爻 初六の童観は、小人の道なり。
二爻 闚い観る、女の貞は、亦醜ずべきなり。
三爻 我が生を観て進退するは、未だ道を失わざるなり。
四爻 国の光を観るは、賓を尚ぶなり。
五爻 我が生を観るは、民を観るなり。
上爻 其の生を観るは、志未だ平らかならざるなり。


易占一言判断

  • 風地観は、観察するの意。
  • よく見定める時。
  • 何事も止まって吉。

日本易学振興協会では、宇澤周峰先生が東京などで易経とともに、本格的な筮竹を使った周易・易占教室を開催しています。主に、三変筮法、六変筮法を中心にした易占法です。詳細はこちらからどうぞ

関連記事

  1. 易経雷天大壮
  2. 易占、易経における八卦、艮
  3. 易経山雷頤
  4. 易占、易経における八卦、震
  5. 易経の中と不中について
  6. 易経天山遯
PAGE TOP