loader image

易経・易占を学ぶにあたって

易経澤地萃

澤地萃(たくちすい) 周易六十四卦

易経本卦の読み下し文と易占一言解釈です。

彖辞

萃は亨る。
王有廟に仮る。大人を見るに利ろし。亨る。貞に利ろし。
大牲を用いて吉。往く攸有るに利ろし。

彖伝

萃は聚なり。順にして以て説び、剛中にして応ず、故に聚まるなり。王有廟に仮るとは、孝享を致すなり。大人を見るに利ろし、亨るとは、聚まるに正を以てするなり。大牲を用いて吉、往く攸有るに利ろしとは、天命に順うなり。其の聚まるところを観て、天地万物の情みるべし。

象伝

澤・地に上るは萃。君子以て戎器を除め、不虞を戒む。

爻辞

初爻 孚有りて終えず。乃ち乱れ乃ち萃る。もし號えば一握笑いを為さん。恤うる勿れ。往けば咎なし。
二爻 引かれて吉。咎なし。孚あれば乃ち禴を用いて利ろし。
三爻 萃如。嗟如。利ろしき攸なし。往けば咎なし。小なれば吝。
四爻 大なれば吉。咎なし。
五爻 有位に萃る。咎なし。孚に匪ず。元永貞なれば、悔い亡ぶ。
上爻 齎咨涕洟。咎なし。

小象伝

初爻 乃ち乱れ、乃ち萃るは、其の志乱れるなり。
二爻 引かれて吉咎なきは、中未だ変ぜざるなり。
三爻 往けば咎なしは、上巽えばなり。
四爻 大なれば吉にして咎なきは、位当たらざるなり。
五爻 有位に萃るは、志未だ光ならざるなり。
上爻 齎咨涕洟するは、未だ上に安んぜるなり。


易占一言判断

  • 澤地萃は、集まる意。
  • 人や物やお金が集まる時。

奥が深い周易。神秘の世界が広がる易占をあなたも学んでみませんか?少人数制だから、まったく易占い、易経が分からなくても、正統なる筮竹を使った易占を身に付けることができます。日本易学振興協会の易学教室の詳細はこちらから

関連記事

  1. 易経火山旅
  2. 易経坤為地
  3. 易経火地晋
  4. 易占、易経における八卦、兌
  5. 易は解読学
  6. 易占をするにあたっての心得
PAGE TOP