loader image

易経・易占を学ぶにあたって

易経澤山咸

澤山咸(たくざんかん) 周易六十四卦

易経本卦の読み下し文と易占一言解釈です。

彖辞

咸は亨る。貞に利ろし。女を取るに吉。

彖伝

咸は感なり。柔上りて剛下り、二気感応して以て相與にす。止まりて説び、男は女に下る、是を以て亨る。貞に利ろし、女を取るに吉なるなり。
天地感じて万物化生し、聖人・人心を感じて、天下和平す。
其の感ずる所を観て、天地万物の情見るべし。

象伝

山上に澤あるは咸。君子以て虚にして人を受く。

爻辞

初爻 其の拇に咸ず。
二爻 其の腓に咸ず。凶。居れば吉。
三爻 其の股に咸ず。其の随うを執る。往けば吝。
四爻 貞吉。悔い亡ぶ。憧憧として往来すれば、朋爾の思いに従う。
五爻 其の脢に咸ずる。悔いなし。
上爻 其の輔頬舌に咸ず。

小象伝

初爻 其の拇に咸ずるは、志外に在るなり。
二爻 凶と雖も居れば吉とは、順えば害あらざるなり。
三爻 其の股に咸ずるは、また處らざるなり。志人に随うに在り。執る所下なり。
四爻 貞吉悔い亡ぶつは、未だ感・害せられざるなり。憧憧として往来すれば、未だ光大ならざるなり。
五爻 其の脢に咸ずるは、志末なり。
上爻 其の輔頬舌に咸ずるは、口説を滕ぐるなり。


易占一言判断

  • 澤山咸は、感じるまま、感応する意。
  • 恋愛は吉。

奥が深い周易。神秘の世界が広がる易占をあなたもはじめてみませんか?少人数制だから、まったく易占い、易経が分からなくても、正統なる筮竹を使った易占を身に付けることができます。日本易学振興協会の易学教室の詳細はこちらから

関連記事

  1. 占卜について
  2. 易占、易経における八卦、乾
  3. 易経火天大有
  4. 易経坤為地
  5. 易経火雷ぜいごう
  6. 易経地水師
PAGE TOP