loader image

易経・易占を学ぶにあたって

易経地山謙

地山謙(ちざんけん) 周易六十四卦

易経本卦の読み下し文と易占一言解釈です。

彖辞

謙は、亨る。君子終り有り。

彖伝

謙は亨る。天道は下済して光明。地道は卑くして上行す。天道は盈つるを虧きて謙に益し、地道は盈つるを変じて謙に流き、鬼神は盈つるを害して謙に福いし、人道は盈つるを悪みて謙を好む。謙は尊くして光り、卑くして踰ゆべからず。君子の終りなり。

象伝

地中に山あるは謙。君子以て多きを裒め寡なきを益し、物を稱り施しを平らかにす。

爻辞

初爻 謙謙。君子用て大川を渉る。吉。
二爻 鳴謙。貞吉。
三爻 労謙。君子終り有り。吉。
四爻 利ろしからざるなし。謙を撝く。
五爻 富まず。其の隣を以ゆ。用いて侵伐するに利ろし。利ろしからざるなし。
上爻 鳴謙。用いて師を行り邑国を征するに利ろし。

小象伝

初爻 謙謙たるは、君子卑くして以て自ら牧するなり。
二爻 鳴謙貞吉は、中心得るなり。
三爻 労謙君子は、萬民服するなり。
四爻 利ろしからざるなし。謙を撝くは、則に違わざるなり。
五爻 用いて侵伐するに利ろしきは、服せざるを征するなり。
上爻 鳴謙は、志未だ得ざるなり。用いて師を行り邑国を征すべきなり。


易占一言判断

  • 地山謙は、へりくだるの意。
  • 出しゃばらず、謙遜が吉。
  • 積極策は凶。
  • 人に従うべし。

日本易学振興協会では、宇澤周峰先生が東京などで易経とともに、本格的な筮竹を使った周易・易占教室を開催しています。主に、三変筮法、六変筮法を中心にした易占法です。詳細はこちらからどうぞ

関連記事

  1. 易占、易経における八卦、離
  2. 易占、易経における八卦、
  3. 占的(せんてき)について
  4. 易経澤山咸
  5. 易経天地否
  6. 易経水雷屯
PAGE TOP