loader image

易経・易占を学ぶにあたって

易経山雷頤

山雷頤(さんらいい) 周易六十四卦

易経本卦の読み下し文と易占一言解釈です。

彖辞

頤は貞しければ吉。頤を観て自ら口実を求む。

彖伝

頤は貞しければ吉とは、正を養えば則ち吉なり。頤を観るとは、其の養う所を観るなり。自ら口実を求むるとは、其の自らの養いを観るなり。
天地は万物を養い、聖人は賢を養いて、以て万民に及ぼす。頤の時大いなる哉。

象伝

山下に雷あるは頤。君子以て言語を慎み、飲食を節す。

爻辞

初爻 爾の霊亀を舎て、我を観て頤を朶る。凶。
二爻 顚に頤う。経に拂る丘において頤う。征けば凶。
三爻 頤いに拂る。貞くすれば凶。十年用うる勿れ。利ろしき攸なし。
四爻 顚に頤う。吉。虎視眈眈。其の欲逐逐。咎なし。
五爻 経に拂る。貞に居るに吉。大川を渉る可らず。
上爻 由りて頤う。厲うけれども吉。大川を渉るに利ろし。

小象伝

初爻 我を観て頤を朶るは、また貴ぶに足らざるなり。
二爻 六二の征けば凶とは、行きて類を失うなり。
三爻 十年用うる勿れとは、道大いに悖ればなり。
四爻 顚に頤うの吉は、上の施し光なるなり。
五爻 貞に居るの吉は、順以て上に従うなり。
上爻 由りて頤う。厲うけれども吉とは、大いに慶びあるなり。


易占一言判断

  • 山雷頤は、養うの意。
  • 言葉に注意。
  • ウソに注意。

日本易学振興協会では、宇澤周峰先生が東京などで易経とともに、本格的な筮竹を使った周易・易占教室を開催しています。主に、三変筮法、六変筮法を中心にした易占法です。詳細はこちらからどうぞ

関連記事

  1. 易経火天大有
  2. 易経山火賁
  3. 易経天火同人
  4. 宇澤周峰先生著「絵で学ぶ易占」
  5. 易占、易経における八卦、兌
  6. 易経水山蹇
PAGE TOP