loader image

易経・易占を学ぶにあたって

易経火水未済

火水未済(かすいびせい) 周易六十四卦

易経本卦の読み下し文と易占一言解釈です。

彖辞

未済は、亨る。小狐汔んど済らんとして、其の尾を濡す。利ろしき攸なし。

彖伝

未済は亨るとは、柔中を得るなり。小狐汔んど済らんとするも、未だ中を出でざるなり。其の尾を濡し、利ろしき攸なしとは、終り続かざるなり。位に当たらずといえども、剛柔応ずるなり。

象伝

火・水上に在るは未済。君子以て慎みて物を辨じ方に居る。

爻辞

初爻 其の尾を濡す。吝。
二爻 其の輪を曳く。貞にして吉。
三爻 未済。征けば凶。大川を渉るに利ろし。
四爻 貞にして吉。悔い亡ぶ。震いて用て鬼方を伐つ。三年にして大國に賞有り。
五爻 貞にして吉。悔なし。君子の光。孚有りて吉。
上爻 飲酒に孚有り。咎なし。其の首を濡せば、孚有るも是を失う。

小象伝

初爻 其の尾を濡すは、亦極を知らざるなり。
二爻 九二の貞吉は、中を以て正を行なうなり。
三爻 未済征けば凶とは、位当たらざるなり。
四爻 貞吉悔い亡ぶるは、志行なわるるなり。
五爻 君子の光は、其れ暉きて吉なり。
上爻 酒を飲みて首を濡すは、亦節を知らざるなり。


易占一言判断

  • 火水未済は、いまだととのわずの意。
  • 事が成就しない時。
  • 中途挫折する。

奥が深い周易。神秘の世界が広がる易占を、独学でなく、あなたも習ってみませんか?少人数制だから、まったく易占い、易経が分からなくても、伝統的な筮竹を使った易占を身に付けることができます。日本易学振興協会の易学教室の詳細はこちらから

関連記事

  1. 谷川竜山・江戸時代の易
  2. 易経天火同人
  3. 易経澤水困
  4. 周易翼伝講座
  5. 易占、易経における八卦、艮
  6. 易経乾為天
PAGE TOP