loader image

易経・易占を学ぶにあたって

易経火地晋

火地晋(かちしん) 周易六十四卦

易経本卦の読み下し文と易占一言解釈です。

彖辞

晋は、康侯用て馬を錫うこと蕃庶。晝日三たび接す。

彖伝

晋は、進むなり。明地上に出で、順いて大明に麗き、柔進みて上行す。是を以て康侯用て馬を錫うこと蕃庶、晝日三たび接するなり。

象伝

明地上に出づるは晋。君子以て自ら明徳を昭かにす。

爻辞

初爻 晋如。摧如。貞にして吉。孚とせらるるなきも、裕かにして咎なし。
二爻 晋如。愁如。貞にして吉。茲の介福を其の王母より受く。
三爻 衆允とす。悔亡ぶ。
四爻 晋如。鼫鼠。貞くすれば厲うし。
五爻 悔亡ぶ。失得恤うる勿れ。往きて吉。利ろしからざるなし。
上爻 其の角に晋む。維用て邑を伐つ。厲うけれども吉にして咎なし。貞くすれば吝。

小象伝

初爻 晋如、摧如たるは、独り正を行なうなり。裕かにして咎なきは、未だ命を受けざるなり。
二爻 茲の介福を受くるは、中正を以てなり。
三爻 衆允とするは、志上行するなり。
四爻 鼫鼠の貞くすれば厲うきは、位当たらざればなり。
五爻 失得恤うる勿れとは、往きて慶あるなり。
上爻 維用て邑を伐つは、道未だ光いならざるなり。


易占一言判断

  • 火地晋は、進むの意。
  • 運気上昇。
  • 積極的が吉。

奥が深い周易。神秘の世界が広がる易占を独学でなく、あなたも習ってみませんか?少人数制だから、まったく易占い、易経が分からなくても、本格的な筮竹を使った易占を身に付けることができます。日本易学振興協会の易学教室の詳細はこちらから

関連記事

  1. 易占、易経における八卦、
  2. 易経山雷頤
  3. 易経乾為天
  4. 易経風雷益
  5. 谷川竜山・江戸時代の易
  6. 易経地山謙
PAGE TOP