loader image

易経・易占を学ぶにあたって

周易翼伝講座

易経 周易翼伝

易経には、十翼と呼ばれる解釈文があります。☰☱☲☳☴☵☶☷の符合を使ったり、易経の暗号文ともいえる難解な彖辞、彖伝、爻辞の部分も、この十翼を読み、身に付ければ、大空を舞う、鳥の翼を持つようなものとなる、そんな例えからか、十翼と名づけられたのでしょうか。

易経翼伝として次のように、10に区分されています。
1、彖伝上
2、彖伝下
3、象伝上
4、象伝下
5、繋辞上伝
6、繋辞下伝
7、文言伝
8、説卦伝
9、序卦伝
10、雑卦伝

なかでも、易経・繋辞伝(上・下)には、壮大な易経、易学の宇宙観が書かれており、哲学的な部分も多いので、易占にすぐには取り入れることは難しいと思います。しかし、易者として、易学として、ただ単に当てるだけの占いでも、すがるだけの宗教、スピリチュアルでなく、相談者みずからが、道を切り開いていく運命学易として導いていくことが真の易者の姿ではないでしょうか。そのためにも、易経本卦だけでなく、周易翼伝も学んでいただきたいと思います。

日本易学振興協会では、宇澤周峰先生が東京などで易経とともに、本格的な筮竹を使った周易・易占教室を開催しています。主に、三変筮法、六変筮法を中心にした易占法です。詳細はこちらからどうぞ

関連記事

  1. 易の三義
  2. 易経山風蠱
  3. 周易64卦
  4. 易経雷澤帰妹
  5. 易経風山漸
  6. 三陰三陽卦について
PAGE TOP