loader image

易経・易占を学ぶにあたって

易経風水渙

風水渙(ふうすいかん) 周易六十四卦

易経本卦の読み下し文と易占一言解釈です。

彖辞

渙は、亨る。王有廟に假る。大川を渉るに利ろし。貞に利ろし。

彖伝

渙は亨るとは、剛来りて窮まらず、柔位を外に得て上同じくす。王有廟に假るとは、王すなわち中に在るなり。大川を渉るに利ろしとは、木に乗りて功あるなり。

象伝

風・水上を行くは渙。先王以て帝を享し廟を立つ。

爻辞

初爻 用て拯う。馬壮んなれば吉。
二爻 渙の時、其の机に奔る。悔い亡ぶ。
三爻 其の躬を渙らす。悔いなし。
四爻 其の羣を渙らす。元いに吉。渙らして丘る有り。夷の思う所に匪ず。
五爻 其の大號を汗にす。王居を渙らして咎なし。
上爻 其の血を渙らす。去りて逖く出づ。咎なし。

小象伝

初爻 初六の吉は、順なればなり。
二爻 渙の時、其の机に奔るは、願いを得るなり。
三爻 其の躬を渙らすは、志外に在るなり。
四爻 其の羣を渙らして元いに吉は、光大なればなり。
五爻 王居の咎なきは、正位なればなり。
上爻 其の血を渙らすは、害に遠ざかるなり。


易占一言判断

  • 風水渙は、散る、散らされるの意。
  • 苦労していた時は、その苦労が散る。

奥が深い周易。神秘の世界が広がる易占をあなたもはじめてみませんか?少人数制だから、まったく易占い、易経が分からなくても、正統なる筮竹を使った易占を身に付けることができます。日本易学振興協会の易学教室の詳細はこちらから

関連記事

  1. 易占、易経における八卦、巽
  2. 易経地澤臨
  3. 当たるも卦、当たらぬも八卦
  4. 易経山天大畜
  5. 易経雷地予
  6. 易経地水師
PAGE TOP