loader image

易経・易占を学ぶにあたって

易経山天大畜

山天大畜(さんてんたいちく) 周易六十四卦

易経本卦の読み下し文と易占一言解釈です。

彖辞

大畜は、貞に利ろし。家食せずして吉。大川を渉るに利ろし。

彖伝

大畜は剛健篤実にして輝光あり。日に其の徳を新たにす。剛上りて賢を尚び、能く健を止むるは、大正なり。家食せずして吉とは、賢を養えばなり。大川を渉るに利ろしとは、天に応ずればなり。

象伝

天・山中に在るは大畜。君子以て多く前言往行を識りて、以て其の徳を畜う。

爻辞

初爻 厲うきあり。已むに利ろし。
二爻 輿・輹を説く。
三爻 良馬逐う。艱貞に利ろし。日に輿衛を閑う。往く攸あるに利ろし。
四爻 童牛の牿。元吉。
五爻 豶豕の牙。吉。
上爻 何天の衢。亨る。

小象伝

初爻 厲うき有り已むに利ろしとは、災いを犯さざるなり。
二爻 輿・輹を説くは、中にして尤なきなり。
三爻 往く攸あるに利ろしきは、上志を合すなり。
四爻 六四の元吉は、喜びあるなり。
五爻 六五の吉は、慶びあるなり。
上爻 何天の衢、道大いに行なわるるなり。


易占一言判断

  • 山天大畜は、大いにとどまるの意。
  • 何事もとどまって吉。
  • 進むと凶。

日本易学振興協会では、宇澤周峰先生が東京などで易経とともに、本格的な筮竹を使った周易・易占教室を開催しています。主に、三変筮法、六変筮法を中心にした易占法です。詳細はこちらからどうぞ

関連記事

  1. 易の三義
  2. 易経地火明夷
  3. 易経地澤臨
  4. 易占、易経における八卦、坤
  5. 易経火雷ぜいごう
  6. 易経雷地予
PAGE TOP