loader image

易経・易占を学ぶにあたって

易占いで猛暑的中

易占は何でも占うことができる!記録的猛暑を的中

2023年、今年の夏は暑かったですね。
体温より高い気温の猛暑日が1ヵ月続き、熱中症警戒アラートが発令されたり、40度に迫る酷暑の地域もありました。
いま、本稿を書いている9月某日でも、東京はまだ蒸し暑いです。朝から気温が上がり、暑い一日で、局地的な激しい雨が降りましたが、私はギリギリ濡れずに済みました。

 日本易学振興協会の会報「岳易開成」で、会員様から『東京地方の今年の夏の気候(7月~8月の間)はどうなるか。猛暑なのか、順当な暑い夏か、冷夏なのか』を占っていただきました。9月に入り、見返してみますと、易占の結果は、投稿してくださった皆様がみごとに、夏の天候を的中されていましたので、一部ですが、サイトに掲載させていただきます。(五十音順。なお、お名前は伏せさせていただきました)

占的◆東京の夏(7~8月間)の気候如何

Oさん
 ☶☰山天大畜(乾巽離震坎震)
 ☷☰地天泰
7月は山天大畜で、大いに止める意であり、大離の似卦から蒸し暑いです。また7月前半、二爻に「坎」があり、大雨があります。8月は地天泰で、塞がっていたものが通じる意から、蒸し暑さから通常の夏らしい暑い天気になると占断します。

Kさん
 ☳☰雷天大壮(巽兌坎乾乾震)
 ☳☳震為雷
☳☰雷天大壮から、一爻変で☳☲雷火豊、二爻変で☳☳震為雷と推移しますので今年の夏は、全般的にかなり暑い夏になります。細かく見ると、卦の推移に従って陽爻の数が減じていくところから、7月初旬から中旬は猛暑、その後徐々に暑さが収まっていきますが、その度合いは僅かで、8月下旬になっても猛暑に近い暑さが続くと占断します。

Kさん
 ☰☷天地否(艮坎艮兌坤坤)
 ☰☱天澤履
天地否は、塞がって通じないという意であり、爻卦に坤と艮が多く、7月は乾と坤から、曇りが続くと晴れが続くという偏った気候で蒸し暑いです。8月は天澤履で、内卦が兌で雨が降り、外卦に乾で暑くなり、更に大離の似卦から暑さが増し、蒸し暑くなります。よって、今年の夏は、涼しくはならず順当に暑い夏となると占断します。

Kさん
 ☴☲風火家人(坎艮兌艮坤艮)
 ☴☰風天小畜
7月は風火家人で、離の火が風をおこし、巽の風が火の勢いを盛んにする相乗効果の象であり、乾を以て坎を包む包卦です。従って、7月は湿気を内包し、非常に暑くなります。8月は風天小畜で、乾の暑さを巽の風が止めようとしますが、大離の似卦でもあり、8月も非常に暑くなります。よって、今年の夏も猛暑と占断します。

Sさん
 ☶☵山水蒙(坎離巽兌震離)
   之不変
山水蒙は、山に霧がかかるように、曇りがちでスッキリしない空模様です。二爻、五爻が共に不正ですので天候不順。離が2つあるため、気温は高めで湿気があり、蒸し暑い。7月は離と震で中旬まで晴れ、下旬は兌で崩れやすい。8月は風と熱気と雨のコラボレーションで台風やゲリラ雷雨の心配もあると占断します。

Nさん
 ☷☳地雷復(兌離離離巽坎)
   之不変
地雷復は、十二消長卦の陽の長じる卦であり、大震の似卦で震の意味合いです。また、爻卦に「離」が三つもあり、今年の夏は総体的に暑い夏となります。ただし、陰爻が多いので曇りの日も多く、蒸し暑い夏です。また、内卦震の主爻に「坎」を配し、7月に大雨か、台風があると占断します。

日本易学振興協会では、毎月、宇澤周峰先生より課題をいただきまして、会員の方は、筮竹を使って占った結果と占断を会報に投稿します。今回の易占課題は、成行きを含んでいますので、三変筮法(略筮法)ではなく、六変筮法(中筮法)で執って頂きました。

日本易学振興協会では、宇澤周峰先生が東京などで易経とともに、本格的な筮竹を使った周易・易占教室を開催しています。主に、三変筮法、六変筮法を中心にした易占法です。詳細はこちらからどうぞ

関連記事

  1. 箱根駅伝を易占い
  2. 夏のガソリン価格 易占でズバリ的中
  3. 大谷翔平を易占いで
  4. 藤井聡太8冠なるか易占いで的中
PAGE TOP