loader image

易経・易占を学ぶにあたって

易占、易経における八卦、震

小成卦・八卦 震(しん)

易経、易占で使う八卦(はっか)について、それぞれの意味を少し学んでいきましょう。
八卦に親しんで、意味や象が分かって来ると、本卦の理解度も高まってきます。
繰り返しになりますが、陽はで表し、陰はーーで表します。
八卦は小成卦(しょうせいか)とも呼ばれます。これは、六十四卦を大成卦(たいせいか)と呼ぶ時の区別ですので、さらりと覚えて置いてください。一般的には、八卦といいます。
今回は、八卦の「震(しん)」を見ていきますと、下の1本は陽爻で、上の2本は陰爻です。
震のという形は、坤のの形と比べて、下に一本芽がでています。坤は、平ら、大地、土壌などの意味がありましたから、そのなにもなかった平らな大地から、新芽が少し出たという場面です。また、震は動くことから、足、足は速い、速いは、驚き、そして雷という捉え方になります。連想していくと楽しいですね。

このようなことから、震には雷のように、驚く、騒がしい、勢いよく動くという意味が生まれてきます。場所では、音に乗せて届ける放送局、電気関係や最近ではインターネットの電波にもあてはまります。
他にも、何も無かった夫婦から生まれたので、長男という跡継ぎが生まれたとも読めます。
もし、八卦からこのように読めてきたら、あなたは易占の才能があるかもしれません。

ほんの一部ですが、八卦の「震」には、次のような意味があります。

  • 数:  4
  • 象意: 騒がしい、音を出す、驚く、勢いよく動く
  • 人:  皇太子、長男、著名人、電気関係、アナウンサー、ミュージシャン
  • 場所: 放送局、森林、音楽会場、音楽堂、CDショップ

日本易学振興協会では、宇澤周峰先生が東京などで易経とともに、本格的な筮竹を使った周易・易占教室を開催しています。主に、三変筮法、六変筮法を中心にした易占法です。詳細はこちらからどうぞ

関連記事

  1. 易経山火賁
  2. 易経天風姤
  3. 易経坤為地
  4. 陰と陽について
  5. 易経澤雷隨
  6. 易経水天需
PAGE TOP