loader image

易経・易占を学ぶにあたって

易占、易経における八卦、乾

小成卦・八卦 乾(けん)

易経、易占で使う八卦(はっか)について、それぞれの意味を少し学びましょう。
陽はで表し、陰はーーで表します。
八卦は小成卦(しょうせいか)とも呼ばれます。これは、六十四卦を大成卦(たいせいか)と呼ぶ時の区別ですので、さらりと覚えて置いてください。一般的には、八卦といいます。
さて、八卦のなかでも、「乾(けん)」は、3つすべて陽爻で出来ています。
陰と陽は、別の項で、説明しましたように、陽の意味としては、強い、積極的などという意味がありました。
復習のために、列記しておきます。

(陽)日、天、男、明、剛、強、貴、富、動、進、上、大、気、奇数、主、積極

「乾」は、その陽だけで出来ている八卦なので、その意味を最も強く含んでいるといえるでしょう。
八卦の3つの符号で乾をあらわしますが、画象(がしょう)と言って、この線をみて、色々と想像を膨らませてください。「易占は解読学です」と、宇澤周峰先生が常々おっしゃっているように、占者の解読力によって、判断が変わってきます。そして、そこが腕の違い、腕の見せ所でもあるのです。
易占をはじめるにあたって、まずは基本である八卦の基本的なイメージをしっかりと身に着けるといいでしょう。

ほんの一部ですが、八卦の「乾」には、次のような意味があります。

  • 数:  1
  • 象意: 円満、充実、健全、尊いもの、大きい
  • 人:  社長、父、夫、先生、女性は男勝り
  • 場所: 神社、仏閣、大都会、海、川、官庁

日本易学振興協会では、宇澤周峰先生が東京などで易経とともに、本格的な筮竹を使った周易・易占教室を開催しています。主に、三変筮法、六変筮法を中心にした易占法です。詳細はこちらからどうぞ

関連記事

  1. 易経火地晋
  2. 一陰一陽
  3. 易経風天小畜
  4. 易経澤風大過
  5. 易経水天需
  6. 易経坎為水
PAGE TOP