loader image

易経・易占を学ぶにあたって

易経風天小畜

風天小畜(ふうてんしょうちく) 周易六十四卦

易経本卦の読み下し文と易占一言解釈です。

彖辞

小畜は亨る、密雲雨ふらず、我が西郊よりす。

彖伝

小畜は、柔位を得て而して上下これに応ずるを、小畜という。健にして巽い、剛中にして志行なわる。すなわち亨る。密雲雨ふらざるは、尚び往くなり。我が西郊よりすとは、施し未だ行なわれざるなり。

象伝

風天上を行くは小畜。君子以て文徳を懿す。

爻辞

初爻 復るに道よりす。何ぞ其れ咎あらん。吉。
二爻 牽かれて復る吉。
三爻 輿、輻を説く。夫妻反目す。
四爻 孚有り。血去り惕れ出ず。咎なし。
五爻 孚有り攣如。富、其の隣りを以てす。
上爻 既に雨ふり既に處まる。徳を尚びて載す。婦貞けれども厲うし。月望に幾し。君子征けば凶。

小象伝

初爻 復るに道よりするは、其の義吉なるなり。
二爻 牽かれて復る中に在り。亦自ら失わざるなり。
三爻 夫妻反目すとは、室を正す能わざるなり。
四爻 孚有り惕れ出ずるは、上志を合わすればなり。
五爻 孚ありて攣如とは、独り富まざるなり。
上爻 既に雨ふり既に處まるは、徳を積んで載すなり。君子征けば凶とは、疑う所有るなり。


易占一言判断

  • 風天小畜は、少しとどまるの意。
  • 今は順調に進めない時。
  • 時期を待つべし。

日本易学振興協会では、宇澤周峰先生が東京などで易経とともに、本格的な筮竹を使った周易・易占教室を開催しています。主に、三変筮法、六変筮法を中心にした易占法です。詳細はこちらからどうぞ

関連記事

  1. 易経火澤睽
  2. 易経澤山咸
  3. 易経雷風恒
  4. 易経山澤損
  5. 易経風雷益
  6. 十二消長卦とは
PAGE TOP