loader image

易経・易占を学ぶにあたって

易経雷地予

雷地予(らいちよ) 周易六十四卦

易経本卦の読み下し文と易占一言解釈です。

彖辞

予は侯を建て師を行るに利ろし。

彖伝

予は剛応じて志行なわる。順以て動くは予。予は順にして以て動く。故に天地之の如し。而かるに況んや侯を建て師を行るをや。
天地順を以て動く、故に日月過らずして四時たがわず。聖人順を以て動く、即ち刑罰清くして民服す。予の時義大いなる哉。

象伝

雷・地を出でて奮うは予。先王以て楽を作り徳を崇び、殷んに之を上帝に薦め、以て祖考を配す。

爻辞

初爻 鳴予。凶。
二爻 石に介す。日を終えず。貞吉。
三爻 盱て予しむ。悔ゆること遅ければ悔い有らん。
四爻 由りて予しむ。大いに得るあり。疑う勿れ、朋盍簪る。
五爻 貞疾。恒に死せず。
上爻 冥予。成れども渝り有れば咎なし。

小象伝

初爻 初六の鳴予は、志窮まりて凶なり。
二爻 日を終えず、貞吉は、中正を以てなり。
三爻 盱て予しむ悔いあるは、位当らざるなり。
四爻 由りて予しむ大いに得るあるは、志大いに行なわるるなり。
五爻 六五の貞疾は、剛に乗るなり。恒に死せざるは、中未だ亡びざるなり。
上爻 冥予に上に在り。何ぞ長かるべけんや。


易占一言判断

  • 雷地予は、予め準備せよの意。
  • 芽が出る時。

日本易学振興協会では、宇澤周峰先生が東京などで易経とともに、本格的な筮竹を使った周易・易占教室を開催しています。主に、三変筮法、六変筮法を中心にした易占法です。詳細はこちらからどうぞ

関連記事

  1. 易経坤為地
  2. 易経山地剥
  3. 宇澤周峰先生著「絵で学ぶ易占」
  4. 易経乾為天
  5. 易経山水蒙
  6. 易経山雷頤
PAGE TOP