loader image

易経・易占を学ぶにあたって

易経火天大有

火天大有(かてんたいゆう) 周易六十四卦

易経本卦の読み下し文と易占一言解釈です。

彖辞

大有は元いに亨る。

彖伝

大有は柔・尊位大中を得、而して上下これに応ずるを、大有という。其の徳剛健にして文明、天に応じて時に行なう。是れを以て元いに亨る。

象伝

火・天上に在るは大有。君子以て悪を遏め、善を揚げて、天の休命に順う。

爻辞

初爻 害に交わる无し。咎に匪ず。艱めば則ち咎なし。
二爻 大車以て載す。往く攸あり。咎无し。
三爻 公用って天子に享す。小人は克わず。
四爻 其の彭たるに匪ざれば、咎无し。
五爻 其の孚、交如、威如たれば、吉。
上爻 天より之を祐く。吉にして利ろしからざるなし。

小象伝

初爻 大有の初九は、害に交わるなきなり。
二爻 大車もって載するは、中に積みて敗れざるなり。
三爻 公用って天子に享すは、小人は害あり。
四爻 其の彭たるに匪ざれば咎无きは、明辯晢たるなり。
五爻 厥の孚、交如は、信以て志を發するなり。威如の吉は、易りて備え无きなり。
上爻 大有の上の吉は、天より祐くるなり。


易占一言判断

  • 火天大有は、大いに保有する意。
  • 運気盛大。
  • 何事も順調な時。
  • お金も貯まる。

日本易学振興協会では、宇澤周峰先生が東京などで易経とともに、本格的な筮竹を使った周易・易占教室を開催しています。主に、三変筮法、六変筮法を中心にした易占法です。詳細はこちらからどうぞ

関連記事

  1. 易経山雷頤
  2. 易経天山遯
  3. 易経天水訟
  4. 大岳易
  5. 易経地雷復
  6. 占卜について
PAGE TOP