loader image

易経・易占を学ぶにあたって

易経澤水困

澤水困(たくすいこん) 周易六十四卦

易経本卦の読み下し文と易占一言解釈です。

彖辞

困は亨る。貞し。大人は吉にして咎なし。言あるも信ぜられず。

彖伝

困は剛揜わるるなり。険にして以て説ぶ。困しみて其の亨る所を失わず、それ唯だ君子のみか。貞し、大人は吉なるは、剛中を以てなり。言あるも信ぜられずとは、口を尚べばすなわち窮するなり。

象伝

澤に水なきは困。君子以て命を致し志を遂ぐ。

爻辞

初爻 臀、株木に困しむ。幽谷に入る。三歳観ず。
二爻 酒食に困しむ。朱紱方に来らんとす。用て享祀するに利ろし。征けば凶。咎なし。
三爻 石に困しむ。蒺藜に據る。其の宮に入り、其の妻を見ず。凶。
四爻 来ること徐徐たり。金車に困しむ。吝なれども終り有り。
五爻 劓り刖る。赤紱に困しむ。乃ち徐くにして説び有り。用て祭祀するに利ろし。
上爻 葛藟に困しむ。于に臲卼。曰く動けば悔ゆると。悔ゆる有って征けば吉。

小象伝

初爻 幽谷に入るは、幽にして明らかならざるなり。
二爻 酒食に困しむは、中にして慶あるなり。
三爻 蒺藜に據るは、剛に乗るなり。其の宮に入り其の妻を見ざるは、不祥なり。
四爻 来ること徐徐たるは、志下に在るなり。位に当たらずと雖も與する有るなり。
五爻 劓り刖れるは、志、いまだ得ざるなり。すなわち徐ろに説びあるは、中直を以てなり。用て祭祀するに利ろしきは、福を受くるなり。
上爻 葛藟に困しむは、未だ当たらざるなり。動けば悔ゆ。悔ゆる有れば、吉にして行くなり。


易占一言判断

  • 澤水困は、困る、困難の意。
  • 非常に苦しい時。

奥が深い周易。神秘の世界が広がる易占をあなたも学んでみませんか?少人数制だから、まったく易占い、易経が分からなくても、正統なる筮竹を使った易占を身に付けることができます。日本易学振興協会の易学教室の詳細はこちらから

関連記事

  1. 易経地澤臨
  2. 易経風地観
  3. 易経の中と不中について
  4. 易経震為雷
  5. 易経離為火
  6. 易経水地比
PAGE TOP