loader image

易経・易占を学ぶにあたって

易経巽為風

巽為風(そんいふう) 周易六十四卦

易経本卦の読み下し文と易占一言解釈です。

彖辞

巽は、小しく亨る。往く攸有るに利ろし。大人を見るに利ろし。

彖伝

重巽以て命を申ねる。剛・中正に巽いて志行なわれ、柔皆剛に順う。是を以て小しく亨り、往く攸有るに利ろしく、大人を見るに利ろし。

象伝

随風は巽。君子以て命を申ね事を行なう。

爻辞

初爻 進退す。武人の貞に利ろし。
二爻 巽いて牀下に在り。史巫を用う。紛若たるも吉にして咎なし。
三爻 頻りに巽う。吝。
四爻 悔い亡ぶ。田して三品を獲。
五爻 貞なれば吉、悔い亡ぶ。利ろしからざるなし。初めなくして終り有り。庚に先だつ三日、庚に後れること三日。吉。
上爻 巽いて牀下に在り、其の資斧を喪う。貞しけれども凶。

小象伝

初爻 進退するは、志疑うなり。武人の貞に利ろしきは、志治まるなり。
二爻 紛若たるの吉は、中を得るなり。
三爻 頻りに巽うの吝は、志窮するなり。
四爻 田して三品を獲るは、功有るなり。
五爻 九五の吉は、位正中なればなり。
上爻 巽いて牀下に在るは、上窮まるなり。其の資斧を喪うは正しきや、凶なり。


易占一言判断

  • 巽為風は、従う、迷うの意。
  • 何事も従えば吉。

奥が深い周易。神秘の世界が広がる易占をあなたもはじめてみませんか?少人数制だから、まったく易占い、易経が分からなくても、正統なる筮竹を使った易占を身に付けることができます。日本易学振興協会の易学教室の詳細はこちらから

関連記事

  1. 周易翼伝講座
  2. 易経水地比
  3. 易経の中と不中について
  4. 谷川竜山・江戸時代の易
  5. 易経雷澤帰妹
  6. 易経水風井
PAGE TOP