loader image

易経・易占を学ぶにあたって

易経地風升

地風升(ちふうしょう) 周易六十四卦

易経本卦の読み下し文と易占一言解釈です。

彖辞

升は、元いに亨る。
用て大人を見る。恤うる勿れ。南征すれば吉。

彖伝

柔、時を以て升り、巽にして順、剛中にして応ず、是を以て大いに亨る。用て大人を見る、恤うる勿れとは、慶びあるなり。南征すれば吉とは、志行なわるるなり。

象伝

地中に木を生ずるは升。君子以て徳に順い、小を積み以て高大を成す。

爻辞

初爻 允に升る。大いに吉。
二爻 孚あれば乃ち禴を用うるに利ろし。咎なし。
三爻 虚邑に升る。
四爻 王用て岐山に亨す。吉。咎なし。
五爻 貞にして吉。階に升る。
上爻 冥升。息まざるの貞に利ろし。

小象伝

初爻 允に升る大いに吉は、上志を合わすなり。
二爻 九二の孚は、喜び有るなり。
三爻 虚邑に升るは、疑う所なきなり。
四爻 王用て岐山に亨するは、順事なり。
五爻 貞吉階に升るは、大いに志を得るなり。
上爻 冥升上に在らば、消して富まざるなり。


易占一言判断

  • 地風升は、徐々に昇り進むの意。
  • 時間はかかるが、次第によくなる。
  • 進む。
  • 芽を出す。

奥が深い周易。神秘の世界が広がる易占をあなたも習ってみませんか?少人数制だから、まったく易占い、易経が分からなくても、正統なる筮竹を使った易占を身に付けることができます。日本易学振興協会の易学教室の詳細はこちらから

関連記事

  1. 易の歴史
  2. 易経離為火
  3. 易経天風姤
  4. 易経天水訟
  5. 易経天山遯
  6. 易経火雷ぜいごう
PAGE TOP