loader image

易経・易占を学ぶにあたって

易経天山遯

天山遯(てんざんとん) 周易六十四卦

易経本卦の読み下し文と易占一言解釈です。

彖辞

遯は亨る。小は貞に利ろし。

彖伝

遯は亨るとは、遯れて亨るなり。剛位に当たりて応じ、時とともに行なうなり。小は貞に利ろしとは、浸みて長ずるなり。遯の時義大いなる哉。

象伝

天下に山あるは遯。君子以て小人を遠ざけ、悪まずして厳しくす。

爻辞

初爻 遯尾、厲うし。往く攸あるに用うる勿れ。
二爻 之を執うるに黄牛の革を用う。之を勝げて説くなし。
三爻 遯を係ぐ。疾ありて厲うし。臣妾を畜えば吉。
四爻 好めども遯る。君子は吉。小人は否らず。
五爻 嘉く遯る。貞吉。
上爻 肥かに遯る。利ろしからざるなし。

小象伝

初爻 遯尾の厲うきは、往かざれば何の災いあらん。
二爻 執うるに黄牛の革を用うるは、志を固くするなり。
三爻 遯を係ぐの厲うきは、疾ありて憊れるなり。臣妾を畜えば吉なるは、大事に可ならざるなり。
四爻 君子は好めども遯る。小人は否らざるなり。
五爻 嘉く遯れ貞吉は、以て志を正すなり。
上爻 肥かに遯れ利ろしからざるなしとは、疑う所なきなり。


易占一言判断

  • 天山遯は、のがれるの意。
  • 今は退くべし。

奥が深い周易。神秘の世界が広がる易占をあなたもはじめてみませんか?少人数制だから、まったく易占い、易経が分からなくても、正統なる筮竹を使った易占を身に付けることができます。日本易学振興協会の易学教室の詳細はこちらから

関連記事

  1. 易経火雷ぜいごう
  2. 易経火地晋
  3. 易の三義
  4. 易経地澤臨
  5. 易経が語源となった言葉
  6. 易経山火賁
PAGE TOP