loader image

易経・易占を学ぶにあたって

易経雷山小過

雷山小過(らいざんしょうか) 周易六十四卦

易経本卦の読み下し文と易占一言解釈です。

彖辞

小過は、亨る。貞に利ろし。小事に可なるも、大事に可ならず。飛鳥之が音を遺す。上るに宜しからず、下るに宜くして大いに吉なり。

彖伝

小過は、小なる者過ぎて亨るなり。過ぎて以て貞に利ろしは、時と與に行なうなり。柔中を得。是を以て小事に吉なり。剛・位失いて中ならず。是を以て大事に可ならざるなり。飛鳥の象あり。飛鳥之が音を遺す、上るに宜しからず、下るに宜しくして大いに吉なりとは、上るは逆にして下るは順なればなり。

象伝

山上に雷あるは小過。君子以て行ない恭に過ぎ、喪は哀に過ぎ、用は倹に過ぐ。

爻辞

初爻 飛鳥以て凶。
二爻 其の祖を過ぎ、其の妣に遇う。其の君に及ばず、其の臣に遇う。咎なし。
三爻 過ぎずして之を防ぐ、従わば或いは之を戕わん。凶。
四爻 咎なし。過ぎずして之に遇う。往けば厲うし。必ず戒めよ。永貞に用うる勿れ。
五爻 密雲雨ふらず。我が西郊よりす。公弋して彼の穴に在るを取る。
上爻 遇わずして之に過ぐ。飛鳥之に離る。凶。是を災眚と謂う。

小象伝

初爻 飛鳥以て凶は、如何ともすべからざるなり。
二爻 其の君に及ばざるは、臣に過ぐべからざるなり。
三爻 従わば或いは之を戕うは、凶如何にせんや。
四爻 過ぎずして之に遇うは、位当たらざるなり。往けば厲うし必ず戒めよとは、終に長かるべからざるなり。
五爻 密雲雨ふらざるは、已だ上ればなり。
上爻 遇わずして之に過ぎるは、己だ亢るなり。


易占一言判断

  • 雷山小過は、少し過ぎる。小さな過ちの意。
  • 悩み苦労あり。
  • 背き合う。
  • 離れて行く。

奥が深い周易。神秘の世界が広がる易占をあなたもはじめてみませんか?少人数制だから、まったく易占い、易経が分からなくても、正統なる筮竹を使った易占を身に付けることができます。日本易学振興協会の易学教室の詳細はこちらから

関連記事

  1. 易経兌為澤
  2. 易経雷風恒
  3. 易経火地晋
  4. 易経火風鼎
  5. 占的(せんてき)について
  6. 易経地天泰
PAGE TOP