loader image

易経・易占を学ぶにあたって

易経風澤中孚

風澤中孚(ふうたくちゅうふ) 周易六十四卦

易経本卦の読み下し文と易占一言解釈です。

彖辞

中孚は、豚魚にして吉。大川を渉るに利ろし。貞に利ろし。

彖伝

中孚は柔・内に在り、而して剛・中を得。説びて巽う。孚はすなわち邦を化するなり。豚魚にして吉とは、信豚魚に及ぶなり。大川を渉るに利ろしとは、木に乗りて舟虚なればなり。貞に利ろしとは、すなわち天に応ずるなり。

象伝

澤の上に風あるは中孚。君子以て獄を議し死を緩くす。

爻辞

初爻 虞れば吉。它あれば燕からず。
二爻 鳴鶴陰に在り。其の子之に和す。我に好爵有り。吾爾と之を靡にせん。
三爻 敵を得て、或いは鼓し、或いは罷み、或いは泣き、或いは歌う。
四爻 月望に幾し。馬匹亡う。咎なし。
五爻 孚有りて攣如たり。咎なし。
上爻 翰音天に登る。貞なれば凶。

小象伝

初爻 初九の虞れば吉。志未だ変ぜざるなり。
二爻 其の子之に和するは、中心より願うなり。
三爻 或いは鼓し或いは罷むは、位当たらざればなり。
四爻 馬匹亡うは、類を絶ちて上るなり。
五爻 孚有りて攣如たるは、位正当なればなり。
上爻 翰音天に登るは、何ぞ長かる可けんや。


易占一言判断

  • 風澤中孚は、まことの意。
  • 誠意をもって行えば吉。

奥が深い周易。神秘の世界が広がる易占をあなたもはじめてみませんか?少人数制だから、まったく易占い、易経が分からなくても、正統なる筮竹を使った易占を身に付けることができます。日本易学振興協会の易学教室の詳細はこちらから

関連記事

  1. 射覆(せきふ)とは
  2. 易経水天需
  3. 易経澤山咸
  4. 爻(こう)について
  5. 易経澤地萃
  6. 易経十翼序卦伝
PAGE TOP