loader image

易経・易占を学ぶにあたって

易経雷澤帰妹

雷澤帰妹(らいたくきまい) 周易六十四卦

易経本卦の読み下し文と易占一言解釈です。

彖辞

帰妹。征けば凶。利ろしき攸なし。

彖伝

帰妹は、天地の大義なり。天地交らずして万物興らず。
帰妹は人の終始なり。説びて以て動き、帰ぐ所のものは妹なり。征けば凶なるは、位当たらざるなり。利ろしき攸なしとは、柔・剛に乗ればなり。

象伝

澤の上に雷あるは帰妹。君子以て終りを永くし敝れを知る。

爻辞

初爻 帰妹娣を以てす。跛能く履む。征きて吉。
二爻 眇能く視る。幽人の貞に利ろし。
三爻 帰妹須を以てす。反り帰ぐに娣を以てす。
四爻 帰妹期を愆ぐ。帰ぐを遅ちて時有らん。
五爻 帝乙妹を帰がしむ。其の君の袂は、其の娣の袂の良きに如かず。月望に幾し。吉。
上爻 女筐を承けて実なし。士羊を刲きて血なし。利ろしき攸なし。

小象伝

初爻 帰妹娣を以てするは、以て恒あるなり。跛能く履むの吉は、相い承くるなり。
二爻 幽人の貞に利ろしきは、未だ常を変ぜざるなり。
三爻 帰妹須を以てするは、未だ当たらざるなり。
四爻 期を愆ぐるの志は、待つこと有りて行くなり。
五爻 帝乙妹を帰がしむ。其の娣の袂の良きに如かざるなりとは、其の位中に在り、貴きを以て行くなり。
上爻 上六の実なきは、虚筐を承くるなり。


易占一言判断

  • 雷澤帰妹は、徐々に昇り進むの意。
  • 時間はかかるが、次第によくなる。
  • 進む。
  • 芽を出す。

奥が深い周易。神秘の世界が広がる易占をあなたもはじめてみませんか?少人数制だから、まったく易占い、易経が分からなくても、正統なる筮竹を使った易占を身に付けることができます。日本易学振興協会の易学教室の詳細はこちらから

関連記事

  1. 易経澤火革
  2. 易占、易経における八卦、
  3. 易経兌為澤
  4. 易経地天泰
  5. 易占、易経における八卦、乾
  6. 易経風火家人
PAGE TOP