loader image

易経・易占を学ぶにあたって

易経風山漸

風山漸(ふうざんぜん) 周易六十四卦

易経本卦の読み下し文と易占一言解釈です。

彖辞

漸は、女帰ぐに吉。貞に利ろし。

彖伝

漸は之き進むなり。女の帰ぐに吉なり。進みて位を得、往きて功あるなり。進むに正を以てし、以て邦を正すべきなり。其の位剛にして中を得るなり。止まりて巽い、動きて窮まらざるなり。

象伝

山の上に木あるは漸。君子以て賢徳に居りて俗を善くす。

爻辞

初爻 鴻、于に漸む。小子厲うし。言有るも咎なし。
二爻 鴻、磐に漸む。飲食衎衎たり。吉。
三爻 鴻、陸に漸む。夫征きて復らず。婦孕みて育わず。凶なり。寇を禦ぐに利ろし。
四爻 鴻、木に漸む。或いは其の桷を得。咎なし。
五爻 鴻、陵に漸む。婦三歳孕まず。終に之に勝つこと莫し。吉。
上爻 鴻、逵に漸む。其の羽用て儀となすべし。吉。

小象伝

初爻 小子厲うきは、義として咎なきなり。
二爻 飲食衎衎たるは、素飽せざるなり。
三爻 夫征きて復らざるは、羣醜を離るるなり。婦孕みて育わざるは、其の道失うなり。用て寇を禦ぐに利ろしきは、順にして相い保つなり。
四爻 或いは其の桷を得るは、順みて以て巽うなり。
五爻 終に之に勝つこと莫き吉は、願う所を得るなり。
上爻 其の羽用て儀となすべき吉は、乱すべからざるなり。


易占一言判断

  • 風山漸は、徐々に昇り進むの意。
  • 時間はかかるが、次第によくなる。
  • 進む。
  • 芽を出す。

奥が深い周易。神秘の世界が広がる易占をあなたもはじめてみませんか?少人数制だから、まったく易占い、易経が分からなくても、正統なる筮竹を使った易占を身に付けることができます。日本易学振興協会の易学教室の詳細はこちらから

関連記事

  1. 易経火地晋
  2. 易経兌為澤
  3. 易経雷天大壮
  4. 易経風水渙
  5. 易経十翼繋辞伝
  6. 易経澤火革
PAGE TOP