loader image

易経・易占を学ぶにあたって

易経澤風大過

澤風大過(たくふうたいか) 周易六十四卦

易経本卦の読み下し文と易占一言解釈です。

彖辞

大過は棟橈む。往く攸あるに利ろし。亨る。

彖伝

大過は、大いなる者の過ぎたるなり。棟橈むとは、本末弱きなり。剛過ぎたれども中、巽いて説び行く。往く攸あるに利ろしく、すなわち亨る。大過の時大なる哉。

象伝

澤・木を滅するは大過。君子以て独り立ちて懼れず、世を遯れて悶うるなし。

爻辞

初爻 藉くに白茅を用う。咎なし。
二爻 枯楊稊を生ず。老夫其の女妻を得。利ろしからざるなし。
三爻 棟橈む。凶。
四爻 棟隆し。吉。它あれば吝。
五爻 枯楊に華が生ず。老婦其の士夫を得。咎なく誉れなし。
上爻 過ぎて渉る。頂きを滅す凶。咎なし。

小象伝

初爻 藉くに白茅を用うるは、柔・下に在るなり。
二爻 老夫の女妻は、過ぎて以て相與にするなり。
三爻 棟橈むの凶は、以て輔け有る可らざるなり。
四爻 棟隆きの吉は、下に橈まざるなり。
五爻 枯楊に華を生ずるは、何ぞ久しかる可けんや。老婦の士夫は、また醜ず可きなり。
上爻 過ぎて渉るの凶は、咎む可からざるなり。


易占一言判断

  • 澤風大過は、大いに過ぎる、大いなる過ちの意。
  • 荷が重い。仲違い。
  • 悩み苦労あり。

奥が深い周易。神秘の世界が広がる易占を、独学でなく、あなたも習ってみませんか?少人数制だから、まったく易占い、易経が分からなくても、伝統的な筮竹を使った易占を身に付けることができます。日本易学振興協会の易学教室の詳細はこちらから

関連記事

  1. 易経天山遯
  2. 易経火澤睽
  3. 易経山火賁
  4. 易経火風鼎
  5. 易経天火同人
  6. 易経天地否
PAGE TOP