loader image

易経・易占を学ぶにあたって

易経水雷屯

水雷屯(すいらいちゅん) 周易六十四卦

易経本卦の読み下し文と易占一言解釈です。

彖辞

屯は、元いに亨る、貞しきに利ろし、往く攸あるに用うる勿れ。侯を建つるに利ろし。

彖伝

屯は剛柔始めて交りて難み生じ、険中に動く。大いに亨りて貞なるは、雷雨の動き満盈。天造草眛、侯を建つるに宜しく、而して寧からず。

象伝

雲雷は屯。君子以て経綸す。

爻辞

初爻 磐桓たり。貞に居るに利ろし。侯を建つるに利ろし。
二爻 屯如、邅如、馬に乗りて班如。寇するに匪ず。婚媾せんとす。女子貞にして字せず。十年にして乃ち字す。
三爻 鹿に即きて虞なし。唯林中に入る。君子幾をみて舎るに如かず。往けば吝。
四爻 馬に乗りて班如。婚媾を求む。往けば吉。利ろしからざるなし。
五爻 其の膏を屯す。小貞なれば吉。大貞なれば凶。
上爻 馬に乗りて班如。泣血漣如たり。

小象伝

初爻 磐桓たりと雖も、志正を行なうなり。貴きを以て賤しきに下る。大いに民を得るなり。
二爻 六二の難は、剛に乗るなり。十年にして乃ち字するとは、常に反るなり。
三爻 鹿に即きて虞なきとは、禽に従うを以てなり。君子これを舎る。往けば吝とは、窮まればなり。
四爻 求めて往くは、明らかなるなり。
五爻 其の膏を屯すとは、施すこと未だ光ならざるなり。
上爻 泣血漣如たるは、何ぞ長かるべけんや。


易占一言判断

  • 水雷屯は、伸び悩む意。
  • 悩み苦しむ時。
  • 何事もしばらく時を待って吉。

日本易学振興協会では、宇澤周峰先生が東京などで易経とともに、本格的な筮竹を使った周易・易占教室を開催しています。主に、三変筮法、六変筮法を中心にした易占法です。詳細はこちらからどうぞ

関連記事

  1. 易経雷風恒
  2. 宇澤周峰先生著「絵で学ぶ易占」
  3. 易の歴史
  4. 易経雷地予
  5. 易占、易経における八卦、兌
  6. 三陰三陽卦について
PAGE TOP