loader image

易経・易占を学ぶにあたって

易経火山旅

火山旅(かざんりょ) 周易六十四卦

易経本卦の読み下し文と易占一言解釈です。

彖辞

旅は、小しく亨る。旅は貞にして吉。

彖伝

旅は、小しく亨る。柔・中を外に得て、剛に順う。止まりて明に麗く。是を以て小しく亨る。旅は貞にして吉なり。旅の時義大いなる哉。

象伝

山上に火あるは旅。君子以て明らかに慎みて刑を用い、獄を留めず。

爻辞

初爻 旅、瑣瑣たり。斯れ其の災いを取る所。
二爻 旅、次に即き、其の資を懐き、童僕の貞を得。
三爻 旅、其の次を焚く。其の童僕の貞を喪う。厲うし。
四爻 旅、于に處る。其の資斧を得。我が心快からず。
五爻 雉を射て一矢亡う。終に以て誉命あり。
上爻 鳥其の巣を焚く。旅人先には笑い、後には號き咷ぶ。牛を易に喪う。凶。

小象伝

初爻 旅、瑣瑣たるは、志窮するの災いなり。
二爻 童僕の貞を得るは、終に尤なきなり。
三爻 旅、其の次を焚くは、亦傷まし。旅を以て下に與す、其の義喪うなり。
四爻 旅、于に處るは、未だ位を得ざるなり。其の資斧を得るも、心未だ快からざるなり。
五爻 終に以て誉命あるは、上に逮ぶなり。
上爻 旅を以て上に在り。其の義焚くなり。牛を易に喪うは、終に之を聞くこと莫きなり。


易占一言判断

  • 火山旅は、淋しい、親しみがない、孤独の意。
  • 運気衰退の時。
  • 安定を得がたい。

奥が深い周易。神秘の世界が広がる易占をあなたもはじめてみませんか?少人数制だから、まったく易占い、易経が分からなくても、正統なる筮竹を使った易占を身に付けることができます。日本易学振興協会の易学教室の詳細はこちらから

関連記事

  1. 易経澤地萃
  2. 易経離為火
  3. 易経澤火革
  4. 易経雷地予
  5. 占卜について
  6. 谷川竜山・江戸時代の易
PAGE TOP