loader image

易経・易占を学ぶにあたって

易経天火同人

天火同人(てんかどうじん) 周易六十四卦

易経本卦の読み下し文と易占一言解釈です。

彖辞

同人野に于てす。亨る。大川を渉るに利ろし。君子の貞に利ろし。

彖伝

同人は、柔・位を得、中を得て、乾に応ずるを同人という。同人野に于てす、亨る、大川を渉るに利ろし、君子の貞に利ろしとは、乾の行いなり。文明にして以て健、中正にして応ずるは、君子の正なり。ただ君子のみ能く天下の志を通ずるを為す。

象伝

天と火とは同人。君子以て族を類し物を辯ず。

爻辞

初爻 同人門に于てす。咎なし。
二爻 同人宗に于てす。吝。
三爻 戎を莽に伏せ、其の高陵に升る。三歳興らず。
四爻 其の墉に乗るも、攻むる克わず。吉。
五爻 同人、先には號咷し、後には笑う。大師克ちて相遇う。
上爻 同人郊に于てす。悔无し。

小象伝

初爻 門を出でて人に同じくするは、又誰か咎めん。
二爻 同人、宗に于てするは、吝道なり。
三爻 戎を莽に伏するのは、敵剛なればなり。三歳興らずは、安んぞ行かん。
四爻 其の墉に乗るは、義克わざるなり。其の吉は、則ち困しみて則に反るなり。
五爻 同人の先は、中直を以てなり。大師相遇うは、相克つを言うなり。
上爻 同人郊に于てするは、志、未だ得ざるなり。


易占一言判断

  • 天火同人は、人と同じくの意。
  • 共同は吉。
  • 単独は凶。

日本易学振興協会では、宇澤周峰先生が東京などで易経とともに、本格的な筮竹を使った周易・易占教室を開催しています。主に、三変筮法、六変筮法を中心にした易占法です。詳細はこちらからどうぞ

関連記事

  1. 易経澤雷隨
  2. 易経火風鼎
  3. 当たるも卦、当たらぬも八卦
  4. 易経地火明夷
  5. 易経十翼序卦伝
  6. 筮具
PAGE TOP