loader image

易経・易占を学ぶにあたって

易経水天需

水天需(すいてんじゅ) 周易六十四卦

易経本卦の読み下し文と易占一言解釈です。

彖辞

需は孚あり。光いに亨る。貞吉。大川を渉るに利ろし。

彖伝

需は須つなり。険前に在るなり。剛健にして陥らず。其の義困窮せず。
需は孚あり。光いに亨る。貞吉とは、天位に位して、正中なればなり。大川を渉るに利ろしきは、往きて功有るなり。

象伝

雲天に上るは需。君子以て飲食宴楽す。

爻辞

初爻 郊に需つ。恒を用うるに利ろし。咎なし。
二爻 沙に需つ。小しく言有れど終に吉。
三爻 泥に需つ。寇の至るを致す。
四爻 血に需つ。穴より出づ。
五爻 酒食に需つ。貞吉。
上爻 穴に入る。速かざるの客三人来るあり。之を敬すれば終に吉。

小象伝

初爻 郊に需つは、難を犯して行かざるなり。恒を用うるに利ろし、咎なしとは、未だ常を失わざればなり。
二爻 沙に需つは、衍かにして中に在るなり。小しく言有りと雖も、吉を以て終るなり。
三爻 泥に需つは、災い外に在るなり。我より寇を致す、敬慎めば敗れざるなり。
四爻 血に需つは、順にして以て聴くなり。
五爻 酒食貞吉は、中正以てなり。
上爻 速かざるの客来る。之を敬すれば終は吉なるは、位に当たらずと雖も未だ大いに失わざるなり。


易占一言判断

  • 水天需は、待つ意。
  • 何事も待つべし。
  • 進むは凶。

日本易学振興協会では、宇澤周峰先生が東京などで易経とともに、本格的な筮竹を使った周易・易占教室を開催しています。主に、三変筮法、六変筮法を中心にした易占法です。詳細はこちらからどうぞ

関連記事

  1. 易経山澤損
  2. 易経火天大有
  3. 易経風水渙
  4. 易経地天泰
  5. 易経山水蒙
  6. 易経の中と不中について
PAGE TOP