loader image

易経・易占を学ぶにあたって

易経離為火

離為火(りいか) 周易六十四卦

易経本卦の読み下し文と易占一言解釈です。

彖辞

離は貞に利ろし。亨る。牝牛を畜えば吉。

彖伝

離は麗くなり。日月は天に麗き、百穀草木は土に麗く。
重明以て正に麗き、すなわち天下を化成す。
柔・中正に麗く。故に亨る。是を以て牝牛を畜えば吉なり。

象伝

明両つ作るは離。大人以て明を継ぎ、四方を照らす。

爻辞

初爻 履むこと錯然たり。之を敬すれば咎なし。
二爻 黄離、元吉。
三爻 日昃くの離。缶を鼓ちて歌わず。則ち大耋の嗟あり。凶。
四爻 突如其れ来如。焚如。死如。棄如。
五爻 涕を出して沱若たり。戚みて嗟若たり。吉。
上爻 王用いて出て征す。嘉きあり。首を折る。獲るは其の醜に匪ず。咎なし。

小象伝

初爻 履むこと錯たるの敬は、以て咎を辟くるなり。
二爻 黄離の元吉は、中道を得ればなり。
三爻 日昃くの離は、何ぞ久しかるべけんや。
四爻 突如其れ来如たるは、容るる所なきなり。
五爻 六五の吉は、王公に離けばなり。
上爻 王用いて出て征するは、以て邦を正すなり。


易占一言判断

  • 離為火は、明るい意。燃え上がる時。
  • 表面を飾る。
  • 争いに注意。
  • 慎重にすべし。

日本易学振興協会では、宇澤周峰先生が東京などで易経とともに、本格的な筮竹を使った周易・易占教室を開催しています。主に、三変筮法、六変筮法を中心にした易占法です。詳細はこちらからどうぞ

関連記事

  1. 易経天雷无妄
  2. 易占、易経における八卦、兌
  3. 易経天水訟
  4. 易経風水渙
  5. 易経澤風大過
  6. 易経澤山咸
PAGE TOP