loader image

易経・易占を学ぶにあたって

易経山水蒙

山水蒙(さんすいもう) 周易六十四卦

易経本卦の読み下し文と易占一言解釈です。

彖辞

蒙は、亨る。我れ童蒙を求むるにあらず。童蒙我を求む。初筮は告ぐ。再三すれば瀆る。瀆るれば則ち告げず。貞に利ろし。

彖伝

蒙は山下に険あり。険にして止まるは蒙。蒙は亨るとは、亨るを以て行ない、時・中すればなり。我より童蒙を求むるにあらず、童蒙が我を求むとは、志応ずるなり。初筮は告ぐとは、剛中を以てなり。再三すれば瀆る、瀆るれば則ち告げずとは、蒙を瀆せばなり。蒙以て正を養うは、聖の功なり。

象伝

山下に出づる泉は蒙。君子以て行ないを果たし德を育う。

爻辞

初爻 蒙を發く。もって人を刑するに利ろし。もって桎梏を説く。以て往けば吝。
二爻 蒙を包ぬ吉。婦を納る吉。子家を克くす。
三爻 女を取るに用うる勿れ。金夫を見て躬を有たず。利ろしき攸なし。
四爻 蒙に困しむ。吝。
五爻 童蒙、吉なり。
上爻 蒙を撃つ。寇を為すに利ろしからず。寇を禦ぐに利ろし。

小象伝

初爻 もって人を刑するに利ろしきとは、以て法を正すなり。
二爻 子家を克くするは、剛柔接ればなり。
三爻 女を取るに用うる勿れとは、行ない順ならざるなり。
四爻 蒙に困しむ吝は、独り実に遠ざかるなり。
五爻 童蒙の吉は、順にして以て巽うなり。
上爻 もって寇を禦ぐに利ろしきは、上下順しむなり。


易占一言判断

  • 山水蒙は、昧くてハッキリしないの意。
  • 物事がよく見えない時。
  • 慎重にすべし。

日本易学振興協会では、宇澤周峰先生が東京などで易経とともに、本格的な筮竹を使った周易・易占教室を開催しています。主に、三変筮法、六変筮法を中心にした易占法です。詳細はこちらからどうぞ

関連記事

  1. 易経水山蹇
  2. 三陰三陽卦について
  3. 易経山澤損
  4. 易経雷水解
  5. 易の歴史
  6. 易経澤雷隨
PAGE TOP