loader image

易経・易占を学ぶにあたって

易経火澤睽

火澤睽(かたくけい) 周易六十四卦

易経本卦の読み下し文と易占一言解釈です。

彖辞

睽は、小事に吉。

彖伝

睽は、火動きて上り、澤動きて下る。二女同居して其の志は行ないを同じくせず。
説びて明に麗く、柔進みて上行し、中を得て剛に応ず。是を以て小事に吉なり。
天地睽きて其の事同じきなり。男女睽きて其の志通ずるなり。万物睽きて其の事類するなり。睽の時用大いなる哉。

象伝

火を上にし澤を下にするは睽。君子以て同じくして異なる。

爻辞

初爻 悔い亡ぶ。馬を喪う。逐うこと勿れ自ら復る。悪人を見る。咎なし。
二爻 主に巷に遇う。咎なし。
三爻 輿の曳かるるを見る。其の牛は掣られ、その人天られ且つ劓きらる。初め无くして終り有り。
四爻 睽きて孤なり。元夫に遇いて交孚す。厲うけれども咎なし。
五爻 悔い亡ぶ。厥の宗、膚を噬む。往けば何の咎あらん。
上爻 睽きて孤なり。豕の塗を負うを見る。鬼を一車に載す。先には弧を張り、後には之が弧を説く。冦するに匪ず婚媾せんとす。往きて雨に遇えば則ち吉。

小象伝

初爻 悪人を見るは、以て咎を辟くるなり。
二爻 主に巷にて遇うは、未だ道を失わざるなり。
三爻 輿の曳かるるを見るは、位当たらざるなり。初め无くして終り有るは、剛に遇うなり。
四爻 交孚し咎なきは、志行なわるるなり。
五爻 厥の宗、膚を噬むは、往きて慶あるなり。
上爻 雨に遇うの吉は、羣疑亡ぶるなり。


易占一言判断

  • 火澤睽は、そむくの意。
  • 何事もうまく行かない。

奥が深い周易。神秘の世界が広がる易占をあなたも習ってみませんか?少人数制だから、まったく易占い、易経が分からなくても、正統なる筮竹を使った易占を身に付けることができます。日本易学振興協会の易学教室の詳細はこちらから

関連記事

  1. 易占、易経における八卦、巽
  2. 易の歴史
  3. 易経天風姤
  4. 易経水地比
  5. 易の三義
  6. 占卜について
PAGE TOP