loader image

日本易学振興協会からのお知らせ

令和5年 年の瀬を迎えて

今年令和5年の冬至は、12月22日(金)です。今年も早いもので、残すところ1ヶ月を切りました。
今年はコロナが5類になって下火になりつつあり、秋頃からインフルエンザの感染拡大の話題に変わりました。
また、コロナの下火から、夏から秋に掛けて、各地で花火大会、郷土祭りなどが久しぶりに盛んに行なわれ、賑やかでした。
また、1ドル150円という円安により、海外から外国人が観光に訪れ、東京でも外人がかなり目立ちました。

さて今月、12月は年の瀬を迎え、何かと慌ただしい月です。大掃除やお正月の準備の買い物、それに忘年会など人との付き合いも多い時でもあり、楽しくもあり、疲れが溜まる月です。どうぞ皆さん、くれぐれもお体をご自愛の上、良いお年をお迎えください。(宇澤周峰)

PAGE TOP